モンスター東名横浜町田[10:00〜19:00 火曜/水曜定休]
tajima-logo

ヒルクライムな7月

  • 2007年6月30日

こんにちは、東名横浜店の長田です。   2007年も折り返し点を通過の、7月がスタートしました。 ほんと月日の流れって早いですね。 7月からのフェアー、 もう直ぐモンスターオフィシャルWEBサイトにア …

こんにちは、東名横浜店の長田です。
 
2007年も折り返し点を通過の、7月がスタートしました。
ほんと月日の流れって早いですね。
7月からのフェアー、
もう直ぐモンスターオフィシャルWEBサイトにアップしますので、
お楽しみに~!

今週は、火曜日に取材が1件入っています。
お店まで取材に来て頂けるので、とっても楽チンです。
取材の内容・掲載誌は、火曜日にご案内しますので、
こちらもお楽しみに~~!

さて、今月はモンスターのモータースポーツ参戦の一大イベント、
「パイクスピーク・オートヒルクライム」が開催されます。
先日開催のモンスターミーティングにおいて、
筑波サーキットを激走しました
2007年バージョンのヒルクライムスペシャルマシーンは、
既にフェリーにてアメリカに向けて航行中です。
昨年総合優勝を果たしたエスクードを上回る戦闘力に、
順位もさる事ながら、レコードタイム更新の期待も高まります。
今月は、こんな“パイクス”ネタも織り交ぜて、
ブログでお話していきたいと思います。

;;;;;;;;;;;;;;《梅雨限定ショートコラム》;;;;;;;;;;;;;;;;;
「東名横浜店長 オサダの雨(ウエット)走行メモリー」(4)

東名横浜店長 長田が、雨のスポーツ走行のエピソードをご紹介。
第4回目は、サーキットでの話です。
昨日の転倒話から、今日もクラッシュネタで・・・。

第1回目のコラムでお話した様に、雨の日サーキット走行はリスクが高いですが、
パワーやタイヤのグリップ性能差が出にくい、ある意味参加車両の戦闘力が
イコールコンディションになる面もあり、エンジンノーマルでSタイヤを履いていない
長田フェアレディZ(Z33)には、もってこいの環境です。

2006年夏に、富士スピードウェイで開催されたサーキットトライアルから約2ヶ月後、
再びサーキットで速さを競い合う大会に出場する機会がありました。
場所は富士スピードウェイ、天気はまたもや雨! 今回は排気量によるクラス分け
がないので、ライバルはポルシェやR34GT-Rなど、パワー・スピードで圧倒されて
しまう車ばかり。しかし、天気は雨。前回のサーキットトライアルでの栄冠が、
意識を支配します。
「頑張れば、また良いこと起こるかも???」
なんて、胸膨らませていざ競技がスタート。 コースインして、先ずは水溜りとタイヤの
食い付き具合をチェック。なんか全体的に滑りやすいみたい。
グリップのよさそうな路面を探しつつ、徐々にスピードアップ。タイヤも暖まってきた様で
コーナースピードも徐々に上がってきました。数周後、タイムアタック開始。
しかし、この日は攻めれどタイムが思ったほど伸びません。車載のラップカウンターは
イマイチ物足りないタイムを刻み続けます。少し焦りつつ走行を続けていると、
優勝候補といわれていたR34GT-RとFD3Sの2台のバトルに、1コーナーのブレーキ
ングで追いついてしまいました。2台に続いて1コーナーをクリアー。立ち上がりで少し
離されるも、コカコーラコーナーでまた追いつきます。
早くパスしてアタックを続けたいと思い、続く100Rで僅かにアウトに膨らんだ2台の
イン側に割って入って、そのまま追い抜きインベタラインで立ち上がったその瞬間、
事件が起こりました。
その日一度も通過したことが無かった100Rインベタの立ち上がりライン。
実は結構大きな水溜りになっていたんです。一瞬にしてリヤがスライドしてスピンモードに!
でもクルマがスピンしそうな姿勢変化をするのは、ダート系ドライバーとしてはお手の物。
身体が勝手に反応します。しかし、その反応が間違っていたんです。
それまでのモータースポーツキャリアが、ダート路走行をFF車もしくは4WD車のみで
走ってきた為、クルマがオーバーステアな挙動を起こした場合、アクセルを「全開」にする
癖が付いていたのです。おまけに、ハンドルも「0カウンター(中立位置)」までしか
動かさず。
つまり身体が無意識に反応して取った行動は、カウンターステア0&アクセル全開。
ウェット路面をリヤ駆動車で走るのに、破滅的行為を一瞬の内に初めてしまったのです。
クルマは、容赦なくイン側に巻き込んで、クラッシュパッドに一直線。
寸前でアクセルを離しコース側にノーズが揺り返し出したものの、コーナーの内側は
エスケープゾーンが狭い事もあり、ゴムベルトが巻かれたタイヤパッドにZ33のフロント
部は、クラッシュしながら削ぎ取られてしまいました。そして、そこでリタイヤ。
雨のサーキット走行の洗礼を、受けたのでした。

やっぱり、何事もイイ気になってちゃ、ダメですね!
雨で勝ちたいなら、雨の日練習しなくちゃ!と、身をもって知りました。。。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

ではまた!

***フェアー情報~!***

現在好評開催中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
①YBC603 クーラントフェアー
②キープべストアライメントパック キャンペーン
Spl:「雨の日タイムサービス」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

—————–
From 店長オサダ
—————–

関連サイト:
・モンスターショップ トップページ

お電話でのお問い合わせ TEL:042-796-7772( 10:00~19:00 火曜/水曜定休)