モンスター東名横浜町田[10:00〜19:00 火曜/水曜定休]
tajima-logo

元祖モンスター店の味は、こんな所にも生きています!

  • 2007年6月29日

こんにちは、東名横浜店の長田です。 今日も、雨が降りました・・・夕方から。。。 ということで、今日も東名横浜店「雨の日タイムサービス」が、 夕方からスタートしました。 明日の天気も、チョッと期待できま …

こんにちは、東名横浜店の長田です。

今日も、雨が降りました・・・夕方から。。。
ということで、今日も東名横浜店「雨の日タイムサービス」が、
夕方からスタートしました。
明日の天気も、チョッと期待できますね!
皆さん、またご利用下さいねー!

ame

さて、今日の東名横浜店は預かり作業車14台、
日帰り作業車10台の怒涛の作業納車ラッシュでした。
昨日までに納車準備が完了していたクルマ達も
昨晩雨が降ってしまった事もあり、開店からお昼ごろまで、
殆ど預かり作業車の納車前洗車ばかりしていました。

洗車で思い出すのは、私がモンスターに入社し、
今は無きモンスター創業店舗「高井戸店」に勤務していた頃は、
良く上司に洗車について、
「モンスターは入庫車両をお返しするときには、
ラリータイヤにもタイヤワックスを掛けて納車するんだ!」
と、耳にタコが出来るほど指導されたものです。

そんなモンスター流儀を今に引き継ぐ東名横浜店でも、
特にお客様のご指示が無い限り、
整備をご依頼頂きましたクルマは、
納車前に我々でシャンプー洗車を致します。
(まぁ、今や別に普通の事ですけどネ!)

サービスを完了したクルマが綺麗な外観で出発するのは、
モータースポーツの世界でも当然のこと。

明日も、皆様の愛車が綺麗なボディでお帰り頂く姿を、
お見送り致します!

;;;;;;;;;;;;;;《梅雨限定ショートコラム》;;;;;;;;;;;;;;;;;
「東名横浜店長 オサダの雨(ウエット)走行メモリー」(3)

東名横浜店長 長田が、雨のスポーツ走行のエピソードをご紹介。
第3回目も、ダートラでの話です。

いきなり話が飛びますが、私、ダートラでクルマを転倒させたことが
2回有ります。今回は、その2回のうち、始めて転倒したときの話です。

もう忘れるくらい昔のJAF関東ダートトライアル選手権でのこと。
参加車両は三菱ミラージュRS(CA4A)で、A2クラスにエントリー。
当時まだだま未熟だった事もあり、練習走行ではそこそこのタイムを
出せるのですが、実際のレースである関東選手権では入賞したことが
ありませでした。
そんなある関東選手権での事。開催場所は、昨日のコラムでも
書きました栃木県の丸和オートランド那須。私としては得意コースです。
その日は朝まで雨で、その後曇の天気でした。
路面は、これまた昨日お話した通り、このコースは隣の蛇尾川に
水が流れるとコースに湧き水がでる特徴があり、その日もコースに
川が出来ている状況でした。
そんな中でスタートした大会、1stトライでなんとトップと100分の数秒
差のクラス4番手タイムをマーク。
路面も水が引いて来ており、石畳のような岩盤が至る所に顔を見せて
いましたが、更なるタイムアップが望めるコンディションに。
1stトライでコース攻略に手応えを感じ、自信を持って望んだ2ndトライ、
事件が起こりました。
3速全開でコーナーをクリアーし、続くタイトコーナーに備えてブレーキ
&2速にシフトダウンの操作をする為ブレーキを開始したときの事。
「スカっ」と、ブレーキペダルが踏み抜けました。。。
当時のミラージュやランサーEVO2&3などで良く起こったのですが、
ナックルの強度不足によりブレーキキャリパーの振動でピストンが
押し戻される事で、「ノックバック」という現象が発生しました。
この時は恐らく、石畳のようになった岩盤路面の影響で、ナックルが
強烈に振動したようです。
さて、「スカっ」とブレーキペダルが踏み抜けた私でしたが、この現象は
何度も経験があるので、慌てませんでした。一度抜けても、もう一度
踏み直せば大丈夫な経験が有ったからです。ということで、もう一度
ブレーキを踏みます。「スカっ」。それでも私は慌てません。
もう一度踏みます。「スカっ!」、あれ・・・・。
この3回ブレーキペダルを踏んだ時間は、本当に刹那な時間だったと
思います。 「!!!」 次の瞬間、車が予想外の動きを開始しました。
3速全開でコーナーを立ち上がって来た時のロールが僅かに残っており、
そのロールに3回ブレーキペダルを操作した僅かな時間の「エンジン
ブレーキ」での荷重移動が加わり、物凄い勢いで車体が揺り返し
(フェイントとかマンジを切るとか言われる姿勢変化です)を
起こして、コーナーの遥か手前から勝手に曲がり出したのです。
曲がりたいコーナーは遥か彼方、目の前は土手。
クルマは3速全開からノーブレーキでロールしながら宙を舞いました。
その後どのくらい転がり続けたか、わかりません。
3か4回転目ぐらいで、13点式ロールバーが装着されていたにも関わらず、
運転席側のピラーやドアが異常に中に折れ曲がり出し、その後
転がって行く度に、ヘルメットが地面に叩き付けられるようになって
行きました。転がる勢いが中々収まらなかったのですが、運よく
コーナーアウト側の小高い土手方向にクルマが転がって行ったことで、
その小高い土手に屋根が激突して、運転席を下側に横たわるようにして
止まりました。「ようやく止まった」と「やっちゃった!」の気持ちが渦巻く中、
とにかくクルマから脱出しようと4点ベルトにより宙ぶらりになっていた
身体を自由にする為に4点ベルトを解除しました。
その時、良く確認すれば良かったのですが、クルマは大きな水溜り上に
横倒しになって止まっていた為、急にフリーになった身体は重力に
逆らわず、頭から水溜りに落っこちました。
本当に泣きっ面にハチ状態でした。
皆さん、クルマが横倒しのときにシートベルトを外す時は、よく下
(地面の状況)を確認した方が良いですよ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

ではまた!

***フェアー情報~!***

現在好評開催中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
①YBC603 クーラントフェアー
②キープべストアライメントパック キャンペーン
Spl:「雨の日タイムサービス」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

—————–
From 店長オサダ
—————–

関連サイト:
・モンスターショップ トップページ

次の記事 |
前の記事 |

お電話でのお問い合わせ TEL:042-796-7772( 10:00~19:00 火曜/水曜定休)