MONSTER IN HILL CLIMB TEAM REPORT PHOTO GALLERY BACK NUMBER LINKS HOME
 

DRIVER

田嶋 伸博 (たじま のぶひろ)
1950年6月28日生

 

その豪快な走りで『モンスター』と異名をとり、日本はもとよりアジアを代表するドライバーとして、アメリカ、ヨーロッパでもその名を知られる。

国内では全日本ダートトライアル選手権において、7年連続を含む9回もの全日本チャンピオンに輝いた。また1970年代より日本人選手の草分けとして、海外での国際ラリーにも精力的に参戦し、1979年にはオーストラリアでアジアベストドライバーの表彰を受けた。

1988年からアメリカ・パイクスピークインターナショナルヒルクライムに参戦し、1995年には日本人初の総合優勝という快挙を達成。そして2007年には同大会において13年間破られることのなかったコースレコードを破りワールドレコードを樹立する偉業を成し遂げ、現在もワールドレコード保持している。ニュージーランド・レーストゥザスカイでは8回もの総合優勝を獲得し、『キングオブザマウンテン』の称号を得ている。

APRCアジアパシフィックラリー選手権では1995-1998年の4年連続を含む5回もの二輪駆動部門チャンピオンを獲得するなど、輝かしい成績を修めている。また非常にタフなラリーで知られる香港北京ラリーにおいて二輪駆動部門で何度も優勝を重ね、アジアのラリー界を代表する選手として今も健在だ。


また後進の育成にも積極的に取り組み、JAF全日本ダートライアル選手権/JAF関東ダートトライアル選手権などの主催を行いモータースポーツの発展とドライビングテクニックの向上に尽力。尚、自身の著書に『ダート攻略テクニック』があり、ダートドライバーのバイブルになっている。
さらに安全運転のために必要な技術力向上を目指すセフテイードライビングフォーラムも全国で開催している。

一方1983年12月に、それまでのモータースポーツ活動の長年の経験・実績を生かし、より多くのモータースポーツマンのサポートができればとの願いから、モンスターインターナショナル株式会社(2005年11月 株式会社タジマモーターコーポレーションへ改組および社名変更)を設立。

1986年5月には、鈴木自動車工業株式会社(現スズキ株式会社)と提携を結び、同社の四輪モータースポーツを担当する株式会社スズキスポーツを設立。競技車両および先行開発車両の研究・開発・製造をおこなっている。2002年には、FIAジュニア世界ラリー選手権(JWRC)プロジェクトの監督に就任。体制作りを含め、世界進出への 足掛かりを築いた。そして2007年には、ラリーの最高峰カテゴリーであるFIA世界ラリー選手権への参戦プロジェクトを推進。チーム監督に就任し指揮を執った。

 

TEAM

チームモンスタースポーツ with BC

「モンスタースポーツ」と自動車雑誌「ベストカー」のコラボレーションによるチーム。ドライバーでもある田嶋 伸博を中心に、エンジニア・メカニックは、モンスタースポーツおよびモンスタースポーツ オーストラリアのスタッフにより構成される。

 

RACE CAR

今年、モンスター田嶋がドライブするマシンは「モンスタースポーツ SX4 ヒルクライムスペシャル」。2009年仕様をベースに、「低ドラッグ・高ダウンフォース」をコンセプトに掲げ、主に空力面の仕様変更を行ったマシンだ。ボディ後部を大胆に削り取り、リヤウイングもローマウント化。近年舗装化が進み、よりスピードアップしているコース状況に合わせて、モンスタースポーツの自社風洞実験施設での解析によって生まれたスタイリングだ。
また、エンジンも自社開発された V6-3.1リッター・ツインターボのMonster Specialを搭載。910psのパワー、90.5kg-mのトルクによって、1100kgの車体を瞬時に200km/hオーバーまで加速させる。

 

 

 

 

Climb - Pikes Peak Hill Climb with a Monster
[YouTube Video]

動画「910馬力の豪快ドリフトで日本人5連覇」を撮影した車載カメラ

GoProモータースポーツヒーロー詳細・ご購入>>

Specifications of 2010 Monster Sport SX4 Hill-climb Special
Body
Base model
SUZUKI SX4
Frame
Steel space frame
Cowl
Carbon and Kevlar composite
Front wing & Rear wing
Carbon and Kevlar composite
Aerodynamics
Front:
Under wing
Rear:
Diffuser + 3 wings
Engine
Model
Monster Spl V6
Type
Liquid cooled V6 4 valves DOHC + 2 turbo, dry sump
Bore x stroke
92.0×77.0mm
Capacity
3071cc
Maximum horsepower(Net)
910ps/8750rpm
Maximum torque
90.5kg-m/5850rpm
ECU
MoTeC
Oil
Mobil 1 Full Synthetic
Oil Filter
POWER FILTER Ti100
Sparking Plug
NGK Racing
Air Filter
POWER FILTER PFX600
Intercooler
ARC
Radiator
ARC
Power train
Gearbox
Sequential 6-speed
Differential
Front/Rear: Hydraulic Controlled ,
Center: Mechanical multi plate
Clutch
EXEDY Triple plate direct release
Suspension
Type
Front/Rear: Double wishbone
Dumper
Front/Rear: REIGER
Spring
Front/Rear: KING SPRINGS
Brake
Disc
Front: Dia.370mm ventilated / Rear: Dia.350mm ventilated
Caliper
Front: 8 pot / Rear: 8 pot 
Pad/Facing
Front/Rear: Winmax Pikes Peak Special
Tire&Wheel
Tire
Front/Rear: 285/50-20 FALKEN WILDPEAK
Wheel
Front/Rear: 20 x 11J RAYS VR.G2
Dimensions *Included front and rear wing
Length (Front wing <-> Rear wing)
5200mm
Width
1960mm
Height (Ground <-> Rear wing)
1580mm
Wheelbase
2818mm
Tread
Front: 1620mm / Rear: 1610mm
Weight
Race weight(without driver, fuel)
1100kg
Start weight
1,190kg
Weight distribution(with driver)
Front: 53 / Rear: 47
 
         

 

 

Copyright (C) 2010 MONSTER SPORT. All rights reserved.