モンスター東名横浜町田[10:00〜19:00 毎週水曜及び第1・第3火曜定休]
tajima-logo

浮揚式津波洪水対策用シェルター SAFE+ (セーフプラス)

  • 2014年8月31日

弊社で開発&販売をしている“浮揚式津波洪水対策用シェルター SAFE+ (セーフプラス) ”。 近年に高確率で発生すると予測される震災:特に津波に対しての、避難シェルターです。 大多数の皆様 …

弊社で開発&販売をしている“浮揚式津波洪水対策用シェルター SAFE+ (セーフプラス) ”。

近年に高確率で発生すると予測される震災:特に津波に対しての、避難シェルターです。

大多数の皆様が、弊社が一見変わった事業を始めたとお感じになると思います。
確かに自動車関連事業からは全くの異業種でありますから、当然の感想だと思います。

ただ今日は多くの産業界のスペシャリストが、
その技術とノウハウを異業種で生かすことが増えてきており、
弊社もその流れで、永年培ってきたレーシングテクノロジーを、
多くの人の命と直結する防災関連事業に活かしてみたいという思いから生まれたのが
津波シェルター「SAFE+」という商品なのです。

例えば、どんな所にレーシング技術が活かされているかというと、
レーシングカーの車体設計&制作技術からのコンパクトにまとめるコンポーネントノウハウや、
水の流れに逆らわない整流ボディ形状のノウハウ、そして軽量化、
衝突に対する安全技術etc、多岐に渡っています。

その結果、世の「浮揚式津波洪水対策用シェルター 」の中では、容量に対する本体重量が非常に軽く、
本体の頑丈さ(安全性能)も軽量&コンパクトに犠牲になることなく、
余裕の基準クリアーを実現しています。

1g単位で軽量化に励み、エアロテクノロジーを研究し空気を味方につける事を考え、
そして重量増無しに厳しいレーシング規定の安全基準を大きく上回る事へ、
40年間、日々欠かさずチェレンジし蓄積してきたノウハウが、このシェルターには集約されているのです。

更に弊社らしいのが、ベースグレードを基に、お好みの仕様へ「カスタマイズ」出来る点です。

利用者様のニーズやアイデアを実現し、更に“使えるシャルター”に仕上げることも可能です!

「防災の日」にちなんで津波被害が予想される地域の皆様へご提案したいのは、
僅か500万円の予算で、最大20人の家族(または会社様ならば従業員)の命を救える道具です。

津波被害への防災設備としては、かなりの役割を果たすと確信しております。
ご興味頂ける方は、是非とも弊社(株式会社タジマモーターコーポレーション)の
浮揚式津波洪水対策用シェルター SAFE+事業部へお問い合わせ下さい。
E-mail: info@safeplus.jp

【関連サイト】タジマの浮揚式津波洪水対策用シェルター SAFE+(セーフプラス)


【SAFE+ (セーフプラス) 概要】


【SAFE+ (セーフプラス) 導入例】

お電話でのお問い合わせ TEL:042-796-7772( 10:00~19:00 水曜定休)