モンスター東名横浜町田[10:00〜19:00 毎週水曜及び第1・第3火曜定休]
tajima-logo

チョッとした油温管理気遣いパーツです。

  • 2010年1月23日

こんにちは、東名横浜店の長田です。 今日もたくさんに皆さんのご来店、ありがとうございます。 当店向いにある東京日産さんに「盛況具合は負けない!」と思い 毎週末仕事をしていますが、 実際は皆さんのおかげ …

こんにちは、東名横浜店の長田です。
今日もたくさんに皆さんのご来店、ありがとうございます。
当店向いにある東京日産さんに「盛況具合は負けない!」と思い
毎週末仕事をしていますが、
実際は皆さんのおかげで本当にありがたい事に、
向いの日産さんを気にしているヒマが無いほどです。
(なので、きっと勝っているハズです!)
ありがとうございます。

さて、今日はランサーEVOユーザーさんへ
チョッとした油温管理気遣いパーツをご紹介。
モンスターのランサーテクノロジーパーツとしてお馴染みの
「強化オイルサーモバルブ」です!

オイルサーモバルブは他社さんからも、
「キラー」や「ローテンプ」などの仕様でリリースされていますが、
モンスターは「強化」です。

なにが強化かというと、ズバリ!! サーモを押し広げる“スプリング”が
純正品よりも「強化(硬い)」されているんです。
(↓このとおり!)
fr

「キラー」は殺す=サーモ効果なし、
つまりは冷間時からオイルクーラーへエンジンオイルが全開。
「ローテンプ」は文字通り、
純正よりも早い時期にオイルクーラーへの通路が全開になります。

モンスターの「強化」は、ローテンプ機能は無く、
オイルクーラーへは純正品と同等の条件で通路が全開になります。
それは、必要以上にオイルを冷やす必要がないと判断しているからです。
逆にスポーツ走行やエンジン高回転時など、
エンジン内部の温度が上がりオイル温度が上がりやすい時に、
確実にオイルクーラーを利用しようという発想に基づいたパーツなのです。

下記の図をご覧下さい。(↓)

img-04

実は、本来エンジンオイル高温時にバイパス路を閉じて
オイルクーラーへの通路を全開にしておかなければならないサーモバルブの扉が、
純正品または同等のスプリング力のサーモバルブの場合
エンジン回転数の高い状況、つまり油圧が高まっていくとその油圧に負けてしまい、
サーモバルブの扉をこじ開けてオイルクーラーを介さずにエンジンに戻ってしまうのです。
これでは、どんなオイルクーラーを付けていようとその効果は半減です。

モンスターのサーモバルブは、この弱点に着目しそれを改善しました。
どんな油圧にも、断じて負けません。オイルクーラーへの道を開け続けます!

そして、通常走行時など極度の油温上昇が起こらない場合は、
ノーマルと同じ油温で気兼ねなくご使用頂けます。

弱点を見出し改善して、各部の機能を100%使い切る為のアイテムです。

こんな効果があるサーモバルブ、
取付にはエンジンオイル交換時が絶好のタイミングです。
オイル交換の際に、ついでにこの「強化オイルサーモバルブ」を
取り付けてみてはいかがでしょうか?

【商品情報】
・強化オイルサーモバルブ ¥7,875-
・関連サイト:強化オイルサーモバルブ

ランサーユーザーの皆さん、どうぞ宜しく!

では、また。

☆☆☆新年フェアー第一弾!☆☆☆☆
・1/14~2/28 2010年スタート!“Enjoy!4G63”フェアー!!
・1/14~2/28 2010年スタート!“Enjoy!EJ20”フェアー!!
・1/14~3/31 スイフト&スポーツ「☆キープ ベスト アライメント キャンペーン」
☆☆☆好評開催中☆☆☆☆☆☆☆☆☆

担当:オサダ
************************************
株式会社タジマモーターコーポレーション
モンスター東名横浜町田
TEL : 042-796-7772 FAX : 042-796-7774
URL : www.monster-sport.com
E-mail : yokohama@monster-sport.com

店舗サイト:「モンスター東名横浜町田へようこそ!」
************************************

お電話でのお問い合わせ TEL:042-796-7772( 10:00~19:00 水曜定休)