モンスター東名横浜町田[10:00〜19:00 毎週水曜及び第1・第3火曜定休]
tajima-logo

屋根カット!

  • 2007年6月28日

こんにちは、東名横浜店の長田です。 今日、雨が降りました・・・。 東名横浜店「雨の日タイムサービス」が、本日からスタートです。 週末は工場の手が廻る限り、オイル交換やプラグ交換、 YBC603クーラン …

こんにちは、東名横浜店の長田です。

今日、雨が降りました・・・。
東名横浜店「雨の日タイムサービス」が、本日からスタートです。
週末は工場の手が廻る限り、オイル交換やプラグ交換、
YBC603クーラント交換など、クイック対応を致します。
雨の日は(雨でなくても!)、当店で愛機の整備をして見てはどうですか???

さて、今日はそんな雨に日にも関わらず、
クルマの屋根を切り取る作業が目白押しでした。
サンルーフ取付が2台、ルーフベンチレーター取付が2台。
“サクサク”と屋根をカットして取付。
室内が明るくなった快適仕様のおクルマと、
WRCエントリーカーを彷彿とするルックスと、走行風の導入と言う
実益を兼ね備えた本物仕様のクルマが出来あがりました。

ちなみに屋根のカットには、専用のカッターがありまして、
細かいキリコも出ずに、コンビーフのフタを開けるときの様な
“くるくるっ”としたキリコが1本出るだけで切り取れるんです。
(今日は写真を撮り逃してしまったんですが、
次の機会に、画像でご紹介しますね!)

ルーフの形状・素材といった物理的条件以外は、車種を選びません!
皆さんの愛車にも、いかがですか???

benntio
sannru

;;;;;;;;;;;;;;《梅雨限定ショートコラム》;;;;;;;;;;;;;;;;;
「東名横浜店長 オサダの雨(ウエット)走行メモリー」(2)

スタート早々いきなり昨日休載しましたこのコラム、
雨のスポーツ走行のエピソードをご紹介。
第2回目は、ダートラでの話です。

ダートラをはじめて、初めて雨の中を走行したときの事です。
当時スズキの名車、「カルタスGT-i」に乗っていました。
15年近く前のダートラは、初級イベントではロールバーが
必着ではなかったのですが、私の愛車は2名乗車でロールバー入り、
フロアーカーペットも無く、アンダーコートも剥がした鉄板剥き出しの
割りと現代レギュレーション風の、スパルタンな仕様でした。
そんなクルマで、初めての雨走行。
コースは、栃木県の丸和オートランド那須。
このコースは、蛇尾川(サビガワと読みます。普段は水が流れて
いない)という河川の堤防裏側にある河川敷に位置するのですが、
コース路面が川底よりも低い為、雨天で蛇尾川に水が流れ出すと、
コースに湧き水のように水が浸水してきて、浅い川のように
なってしまう特徴があります。
そのコースを水しぶきを豪快に上げながら、楽しく走っていました。
休憩の為、走行を終えてパドックに戻りクルマから降りて、
何気なく室内を見ると、天井がやけに汚れています。
「?」と思いつつも、特に気にせずにいました。
また、自分の足元をみるとズボンの裾が泥沼を歩いて来たかの
様に激しく汚れていました。
これ、実はその後走って判ったのですが、水溜りを勢い良く
通過する度に、フロアーのゴム栓がされている穴という穴から、
まるで間欠泉の様に泥水がゴム栓を押しのけて吹き上がってま
した。
このクルマは、フロアー下全体を覆う「フロアーガード」といわれる
ジュラルミンの板が付いていたにも関わらずです。
時には天井に到達するほどの勢いのシブキもありました。
クルマが走行する時に発するエネルギーって、凄いんですね!
結局その日は、室内・ドライバーの私ともに、泥水まみれになって
しまいました。
この経験から、以後自分のダートラ車でフロアーの鉄板を剥き出し
にする場合は、全てフロアーの穴を溶接で埋めてしまう様に
なりました。
アンダーコート無しでフロアー剥き出しのおクルマの方、
たとえ舗装路しか走らなくても、フロアーグロメットが付いている穴を、
溶接で塞いだ方がイイですよ!
足元が濡れると、靴底が滑ってペダル操作が危ないですからっ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

ではまた!

***フェアー情報~!***

現在好評開催中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
①YBC603 クーラントフェアー
②キープべストアライメントパック キャンペーン
Spl:「雨の日タイムサービス」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

—————–
From 店長オサダ
—————–

関連サイト:
・モンスターショップ トップページ

お電話でのお問い合わせ TEL:042-796-7772( 10:00~19:00 水曜定休)