モンスター東名横浜町田[10:00〜19:00 毎週水曜及び第1・第3火曜定休]
tajima-logo

スイフトスポーツコンプリートカーin筑波サーキット 決勝編

  • 2007年6月21日

こんにちは、東名横浜店の長田です。 いま気が付いたのですが、左側の最新記事ヘッドライン 10個中7個に「筑波サーキット」って入ってました。 今日で、筑波サーキットでのネタは一休みになります。 もうチョ …

こんにちは、東名横浜店の長田です。

いま気が付いたのですが、左側の最新記事ヘッドライン
10個中7個に「筑波サーキット」って入ってました。
今日で、筑波サーキットでのネタは一休みになります。
もうチョッとだけ、お付き合い下さいネ。

さて今日は、昨日あまりの文章の長さに力尽きた、
人気DVDマガジン・ホットバージョンの取材報告の続きです。

hotto3

200馬力以下で、Sタイヤ禁止&GTウイング禁止
&30kg以上の軽量化禁止のクルマで競い合う
「ハネ無し選手権200」という企画物に出場の
モンスタースイフトスポーツコンプリートカー&私オサダ。
他のエントリーカーのスピードに焦りつつ、
クルマの持つ素性の良さを発揮して、
何とか予選を通過して、決勝のグリットを確保したのでした。。。

syuzaityuu

予選2回目が終了して、決勝グリットの確認。
1回目の予選・2回目の予選ともに9番手でしたが、
予選総合では10番手でした。
「決勝進出は10台」と聞いていたので、まさにギリギリセーフ!
でも、決勝は9番グリットからだと思っていたので、少しガッカリ。
最後尾スタートだと思って準備していると、
基準タイムをクリアーしたクルマは、全車出走とのこと。
ということは・・・、もう1台下に居たので、そのクルマが最後尾で、
モンスタースイフトスポーツは、最後尾を何とか脱出しました。
(本当はポールを取った!逃した!位の話題にしたかったのですが・・・)

narabu

そして、いよいよ決勝です。
各車グリッドに整列して、決勝前にコメント取り。
「スタート頑張ります!」
昼のフリー走行から予選2回までに気温も下がりだして、
クルマに対するコンディションが好転しつつあり、
それに従って他車とモンスタースイフトスポーツの
ストレートのスピード差が、あからさまに出てきた今、
前走車を抜くチャンスは、もうスタートしかありません。
バックストレートで、抜き返されるかもしれませんが、
決勝周回数は5周なので、凌ぎきれる可能性も十分あります。
「とにかく、スタートを決めよう!」
イメージトレーニングとして、スタートが上手くいって
ゴボウ抜きしているモンスタースイフトスポーツの姿を想像。
妄想の世界に浸っていると、オフィシャルスタッフが近寄ってきて
「決勝は、窓を少しだけ開けて走ってもOKです!」
との事。
実は、今回フリー走行時から予選2回目まで、
運転席はもちろん、全ガラス窓を全閉にして走行することが
義務付けされていたのです。
気温が下がって来たといっても、まだまだかなりの暑さ。
早速、運転席と助手席の窓を少し開けました。
しかし、実はこれが大失敗の基でした・・・・。

スタートは、5秒前のプレートが提示されてからレッドシグナル点灯、
一旦消灯してから、グリーンシグナル点灯でスタートです。
各車エンジンに火が入り、そして5秒前プレート提示。
全車のエンジン音がイッキに高まります!
モンスタースイフトスポーツの前グリット(8番手)と右後ろ(11番手)がAE86、
右斜め前グリッド(9番手)がカプチーノ、
この3台・特にAE862台が物凄い爆音!
スイフトのエンジン音がまったく聞こえません!!
そしてシグナル消灯・・・・・グリーンシグナル点灯!!
先週のフェアレディZレースと同様、ドンピシャでスタートが決まり、
イッキにカプチーノをパス!
更に8番手スタートのAE86にも並びかかる!
と、その時モンスタースイフトスポーツが僅かに失速!!
「いけねー!」、8番手のAE86の爆音で気が付かなかったのですが、
なんとスイフトスポーツのエンジンがレブってました!
「何たるミス!」
折角並びかかったAE86に行かれてしまい、万事休す。
「窓閉めておけば良かった・・・」とは、後の祭り。
1コーナーは、1つ順位が上がって9番手でクリアー。
そこから第2ヘアピンまでは
モンスタースイフトスポーツのポテンシャルを発揮し
前走集団に食らい付きクリアー。
そして、バックストレート。
あっけなく前走集団に引き離され、
更に、後方の2台にもガンガン突っつかれる始末。
この状態が2周目も続くも、3周目には後方2台にもパスされて、
なんとビリに!
残る周回は、ひたすら「前走車両達がスピンでもしないかなぁ」と
期待しながら走行しましたが、そんなハプニングも無く
最終ラップへ突入。
この最終ラップにおいても、
モンスタースイフトスポーツは安定したペースで走行でき、
10番手を走るAE86との差が少し縮まり出すほどでした。
しかし抜くには至らず、11番手のままゴール!
無事に、レースが終了しました。

結局優勝は某ショップ入魂のAE86がポールtoフィニッシュ、
2位はドン柄シビックR、3位はロードスターパーティレースチャンピオンの
NCロードスター(2000cc)でした。
ちなみに土屋圭一さんは、悔しい6位でした。

その後表彰式、バトル後のコメント取りをして、
取材も無事に終了しました。

今回、どんな映像でDVDが構成されるかわかりませんが、
ストリートチューンドカーの中であっても、
スイフトスポーツで十分走りを楽しめる事が
お伝えできていればと願っています。
私自身今回、「走る」ということを楽しむならば、
連続周回走行にも動じないライトチューニング車で
気兼ねなく思い気きり「走り続ける」事の素晴らしさ、
モンスタースイフトスポーツのコーナリングレベルの高さを
再認識しました。

スイフトスポーツの素性とモンスターサスペンションセッティングの
絶妙なバランス、ストレート区間ではチョッと悔しいけど、
その何倍もコーナーリングを楽しめます。

モンスターコンプリートカー:スイフトスポーツ オーリンズSpl-R、
テマエ味噌ですが、最高にお勧めの1台です。

尚、DVDマガジン「ホットバージョン」は、8月8日に全国書店で発売予定です。

【おまけ】
この出場車は、アリーナ田嶋の東名横浜店に展示中です。
試乗もOK!
コーナーリングが楽しいクルマをお探しならば、
是非乗ってみて下さい!

seeyyyy

***フェアー情報~!***

現在好評開催中!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
①YBC603 クーラントフェアー
②キープべストアライメントパック キャンペーン
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

—————–
From 店長オサダ
—————–

関連サイト:
・モンスターショップ トップページ

前の記事 |

お電話でのお問い合わせ TEL:042-796-7772( 10:00~19:00 水曜定休)