モンスター静岡磐田[月木金 9:00~18:00 土日 10:00〜18:00 毎週火・水曜日]
monster-logo

静岡県西部でオートキャンプをしよう!

もうすぐアウトドアに最適なシーズンを迎えますね。

モンスター静岡磐田店のある静岡県西部には、話題になったキャンプ漫画で登場したキャンプ場の他にもたくさんキャンプ場があります。

今回はその中でもキャンプ初心者~中級者にお勧めの、オートキャンプサイトのあるキャンプ場を3つご紹介します!!

 【目次】

・オススメオートキャンプ場3選

・竜洋海洋公園オートキャンプ場

・浜名湖渚園キャンプ場

・よつばの杜 キャンプ場

・オートキャンプのメリットと注意点

・オートキャンプにお勧めのキャンピングカー

タジマキャンパー|CAMPING CAR CENTER|シンプルな装備のキャンピングカータジマキャンパー|特徴|詳しくはこちらをクリック

   

■ オススメオートキャンプ場3選
竜洋海洋公園オートキャンプ場

Webサイト:https://ryuyo-auto.entetsuassist-dms.com/

オートサイト利用料金:5,690円~

モンスター静岡磐田店から一番近いキャンプ場です。
以前より西部ではメジャーなキャンプ場でしたが、話題のゆるいキャンプ漫画△ にも登場したことで多くのキャンパーが訪れています。
キャンプ場の他にレストラン、入浴施設、アスレチック遊具、プール、ボート体験など、施設が非常に充実しているので、ソロからファミリーまで楽しめるキャンプ場です。1泊2日ではもの足りないかもしれません。
キャンプだけでなく日帰りでも楽しめるので、モンスター静岡磐田店へお立ち寄りの際は観光にいくのもおすすめです!

 

浜名湖渚園キャンプ場

Webサイト:https://www.birukan.jp/nagisaen/page/camp/

オートサイト利用料金:3,660円~

浜名湖のすぐ近くにあり、音楽・車のイベントが開催されていることが多いキャンプ場です。
ACサイト(電源付きサイト)もあるため、快適キャンプをしたい人にはおすすめ。
すぐ近くには浜名湖体験学習施設ウォットがあり、ウナギについて詳しくなれます。
レンタサイクル、コインシャワー、コインロッカー有。

 

よつばの杜 キャンプ場

Webサイト:https://yotsubacamp.com/

オートサイト利用料金:3,000円~

浜松市天竜区の水窪(みさくぼ)町にあるキャンプ場です。
大自然に囲まれたキャンプ場ですが、区画が植木で分けられており、プライベート空間を作りやすく、各区画ごとに水道・炊事場があるためとても便利です。
夜にはすぐ横を流れる川の音に癒されます。天気が良ければ満点の星空を見られるかも…
ACサイトもあるため、少し肌寒い時期には電気毛布など持っていくと夜間は快適に過ごすことができます。
コインシャワー有、車で10分地点に地元スーパー有。

 

今回ご紹介したキャンプ場の他にも、静岡県には非常に多くのキャンプ場がありますので、ご自身のキャンプスタイルに合ったキャンプ場をぜひ探してみてくださいね!

上記記載の利用料金は2024年3月上旬時点調べでの料金です。
条件によって料金の変動がある場合があります。あくまでもご参考にしてください。
キャンプ場ごとのルールをよく確認した上でご利用ください。

■ オートキャンプのメリットと注意点

オートキャンプの最大のメリットは、テントを張る予定の場所のすぐ近くに車を停められることです。
オートサイトの無いキャンプ場では、駐車場とテントサイトが距離遠かったりすることもあります。
その場合は荷台などを借りることができる所もありますが、人数や荷物が多いキャンプだと荷下ろしでかなり時間を取られてしまうことも。
山の天気は変わりやすいです。悪天候時の荷下ろしは本当に大変なので、初心者の方には特にオートキャンプ場がおすすめです。

 

また、オートキャンプでは、車種や装備にもよりますが車中泊が可能というのも魅力の一つ。
3月~4月くらいの時期のキャンプだと、テントでは夜は底冷えして寒い…ということも多々あります。
車中泊なら、地面から直接冷たさを感じる心配はありませんし、テントを張らないので荷物を減らすこともできます。
初夏~夏には防虫ネットなどを装備すれば虫に刺される心配もありません。

 

車内に貴重品などを置くようにして、鍵をかければ万が一の盗難の心配も減りますし、スモークガラス装備の車であればプライバシーを確保することも可能です。

上記のようなメリットが多々挙げられますが、オートキャンプの際には注意点があります。

夜はエンジンを掛けられません…

オートキャンプ場では、消灯時間の他にエンジンを切らないといけない時間帯が設定されていることが殆どです。(消灯時間と同じ時間帯になっていることも多いです。)

夜間はエンジンを掛けられないので、車のエンジンを掛けた状態で使うエアコン・暖房は使えないというのが基本です。

 

キャンプ場での夜間の快適性を保つために、対策としてポータブルバッテリーを持っていく人も多いです。

ポータブルバッテリーがあれば、スマートフォンの充電ができたり、ちょっとした調理の際に使えたり、寒い時は電気毛布、暑い時は扇風機を使うこともできます。
ポータブルバッテリーは、容量が多いほど大きく重いものが多いので、少し荷物が増えてしまうのが難点ではありますが、あるのとないのではキャンプの快適度が大きく違ってきます。

また、キャンピングカーを利用する場合ではポータブルバッテリーではなく、車にサブバッテリーを装備することで車内で電源を使えるようにすることも。

バッテリー容量や使い方にもよりますが、1泊2日ならサブバッテリー1個、2泊3日ならサブバッテリー2個の装備が目安です。

 

キャンプに行く頻度が年に1~3回くらいの方でも、キャンピングカーが一台あるだけで楽しみ方が大きく変わってくるのではないでしょうか?

 

■ オートキャンプにお勧めのキャンピングカー

モンスター静岡磐田店では、オートキャンプに必要なシンプルな装備の
タジマキャンパーを215万円~販売しています!

アトレーキャンパーA340【4台】モンスター静岡磐田で即納車展示中!

また、全社在庫も多数ございます。
ただいまセール中でお求めやすくなっておりますので、キャンピングカーをお探しの方はこのチャンスをお見逃しなく!

タジマキャンパーについてはこちら >>

お電話でのお問い合わせ TEL:0538-66-3325( 月木金 9:00~18:00 土日 10:00〜18:00 毎週火・水曜日)




    フォームの送信完了後に、自動返信メールをお送りしております。
    「自動返信メールが届かない」場合や、数日中に「当社からの連絡や回答がない」場合などは、正常にフォームが送信されていない可能性がございます。
    そのような場合は大変お手数をおかけいたしますが、お電話にてお問い合わせください。
    自動返信メールが届かない場合は、「メールアドレスの間違い」「迷惑メールフォルダへの振り分け」「PCから送信されたメールの受信拒否(携帯電話の場合)」も考えられます。ご確認の上、再度ご連絡ください。

    86ラリー