EditRegion5

インターナショナル ヒルクライム

インターナショナル ヒルクライム

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(アメリカ)

山の頂まで誰が一番早く辿り着くのか? 単純明快にして豪快なモータースポーツがヒルクライム。世界で一番大規模で有名なイベントが、1916年から長きに渡りアメリカのコロラド州で開催されている「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」です。

この、雄大な大自然に挑む唯一無二のイベントに魅せられたモンスター田嶋は、1988年から継続的に挑戦を続け、1995年に日本人初の総合優勝を達成。さらに、2006年から2011年までの6年連続総合優勝を含む、通算10勝を上げています。

タイムでも、2007年にそれまで13年間破られる事がなかった記録を破る10分1秒408という新記録を樹立。2011年には、遂に「10分の壁」を破る新たなワールドレコード「9分51秒278」を樹立する偉業を成し遂げました。2012年からは、コースが全舗装されたため、この記録はダートを含むオールドコースにおける最速記録として、パイクスピークの歴史に永遠に刻み込まれます。

2012年からTEAM APEV with モンスタースポーツとしてEV(電気自動車)で参戦、2013年にはEVクラス優勝を達成しています。

■TEAM APEV with モンスタースポーツ パイクスピークEVチャレンジ webサイト>>
[EV(電気自動車)、2012~]

■モンスタースポーツ パイクスピーク チャレンジ webサイト>>
[ガソリン車、~2011]

レース トゥ ザ スカイ(ニュージーランド)

レース トゥ ザ スカイは、ニュージーランド南島クイーンズタウン近郊のリゾート、カードローナ・バレーに位置するワイオラウ・スノー・ファームを舞台に開催されます。
初開催は 1998年と歴史は浅いものの、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(アメリカ)に並ぶスケールのヒルクライムイベントとして人気を誇り、2007年を最後に休止となった後も開催を望む声が多く上がりました。
その人気イベントが、コース全長 14.5km、コーナー数 135、標高差 1050m の過酷なグラベルコースは そのままに、2015 年に復活を遂げます。
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(米)が、全舗装路となった今、グラベルコースで行われ るヒルクライムとしては世界最長のイベントです。ドライバーのテクニックが物を言うグラベルコースで土 煙を上げてドリフトする大迫力の走りを、多くの観客が目撃することになるでしょう。
すでに、コースレコードホルダーであるモンスター田嶋に挑戦すべく、多くのエントラントが名乗りを上げ ています。モンスター田嶋と弊社ではディフェンディングチャンピオンとしてこの挑戦に受けて立ち、総合 優勝ならびにさらなるコースレコード更新を狙います。

■モンスタースポーツ レース トゥ ザ スカイ チャレンジ webサイト>>

各イベント情報はこちらから

 

Pick UP

パワーフィルター
ダイヤモンド
デススピード
ポラーグ

製品の購入はこちら