安心点検9

ちょこっと気になる貴方の為のサーキット走行を控えている方の為の
【安心点検9】

1.スロットル点検・清掃

エンジンがかかっている以上、常に空気を吸っています。
と言うことは、スロットルには常に空気が通過している訳です。
大きなゴミや砂等はエアクリーナーで取り除かれますが、エアクリーナー以降に発生する汚れの要因は残念ながら存在します。

燃焼時に若干発生する未燃焼ガス(ブローバイガス)は大気に放出されないよう吸気に循環される仕組みになっている為、エアクリーナー後ろから吸い戻されます。

スロットルが汚れる大きな原因の一つです。
汚れによってアイドリングの不安定やコンピューターの誤学習による燃費の悪化がおこる可能性があります



2.エアクリーナー点検・清掃

エンジンがかかっている以上常に空気を吸っています。
したがって空気は常にエアクリーナーを通過している訳です。
空気中のゴミは全てエアクリーナーが受け止めてくれるので、必然的に汚れていきます。 



3.ラジエターキャップ点検

ラジエター内に一定の圧力をかけることで沸点を上昇させ、オーバーヒートを未然に防ぐ役割を担っています。



4.ブレーキ周りエアブロー

ブレーキは回転するディスクをパットが挟み込む事で制動力を生みます。
擦れ合う二つの物体がある以上磨耗は避けられません。
材質や用途によって度合いは変わりますが、止まる際には必ずブレーキダストが発生しています。

そのダストがパット周りにまとわりつく事で制動力を低下させ、ブレーキの偏磨耗を引き起こします。



5.
タイヤローテーション

車は2WD、4WDのどちらかに属した駆動方式で走行しています。
駆動の軸となる車輪、例えばFFならばフロント、FRならリヤという具合に軸となる車輪が存在します。
軸となる車輪は他の車輪に比べて力が加わる為磨耗の進行が早くなります。
前後の磨耗度合いでバランスが悪くなってしまう前に入れ替えてバランスを極力維持します。



6.
ライト点灯点検

スモール・ヘッドライト・ブレーキ・バックのランプ全てが正常に点灯しているかを確認します。
ブレーキやバックは直接目で確認出来ない為、気付かない事が多くあります。



7.
車高調増し締め

車高調を装着している方に限りますが、調整式の皿の緩みを確認し緩み防止の為、増し締めとズレを一目で認識出来るようマーキングを行います。



8.
スパークプラグ点検

エンジンパーツの中でも1番過酷な状況で使用されている部品だけあって消耗しているとエンジン性能に大きく影響を及ぼします。



9.
エンジンルーム洗浄

専用の溶剤を用いてエンジンルームをピカピカに仕上げます。



安心点検9点セットで 5,000(税別)

【お得な追加オプション】
・ブレーキフルード交換 4,500円
・MXエンジンオイル&オイルエレメントTi100交換 12,800円
・クーラントYBC603交換 12,000円
・フロントアライメント調整 4,000円
・コンプレッション(圧縮圧力)測定 6,000円
・ブレーキパット残量測定&グリスアップ 2,000円



コメントは受け付けていません。