2014 Tajima-Motor Physical Car Games 第1戦 in 富士 レポート

2014 Tajima-Motor Physical Car Games 第1戦 in 富士が 4月16日 富士スピードウェイジムカーナ場を舞台に開催されました。



当日は晴天に恵まれ、ちょっと動くと汗ばむような陽気の中沢山の参加者が集まりました。

インストラクターとして小野寺選手、早川選手を迎えて走行前の慣熟歩行から走行中の注意点にしっかりと耳を傾けて準備万端でスタート致しました。

午前中はフリー走行で走る走る! 疲れを知らない皆様でした。 30分もすれば疲れて疎らになるかと思いきやオフシャルの想像を超えた元気さでした。同乗走行をされた小野寺選手、早川選手はひっぱりだこで休む暇がありません。 両選手は皆様のやる気満々さにへとへとになっておりました。



午後からは本コースの第一パドックにあるレストランORIZURUへ移動して昼食、本コースではちょうどポルシェカップカーが練習走行中で爆音を聞きながらの移動でサプライズな迫力でした。

午後からは2本のタイムアタックで、午前中の成果を見せる時です。 普段の連続周回となる走行会と違い、1発勝負のタイムアタックに真剣そのものでした。

さらに、チーム対向となったスラローム対決ではチーム同志和気あいあいの中走行し団体戦の楽しみも味わって頂きました。

リザルトはこちらから  ※ゼッケンでの掲示になります。

その他の写真はこちらから  ※まだまだ沢山あります。 ご希望の方はご連絡ください。

今回は同乗走行の出来るジムカーナとあって、自分自身の走行技術の向上と自分の車の仕様チェックの良い機会になったと、ご意見を沢山頂きました。 ただ走って終わる走行会と違いこれがモンスターの走行会です。皆様もご参加頂きご自身の運転技術を向上させましょう!

次戦は 7月16日(水) 筑波 TC1000 を予定しております。

皆様のご参加をお待ちしております。





コメントは受け付けていません。