HOME > Specialnews > 「新城ラリー2016」モンスター田嶋 迫力のデモラン!

「新城ラリー2016」モンスター田嶋 迫力のデモラン!

2016年11月5日(土)・6日(日)、愛知県新城市の県立新城総合公園で「新城ラリー2016」が開催されました。

「新城ラリー」は、新城市や地元企業の全面的な協力のもと開催され、国内トップクラスの観客動員数を誇る屈指のモータースポーツイベントです。華やかなセレモニアルスタート&フィニッシュ、公園内で行われるSS(スペシャルステージ)では、ラリーカーが目の前を駆け抜けます。他にも、トークショーや貴重なラリーカー/レースカーの展示、地域の味覚や名産品も楽しめます。今年は天候にも恵まれ、全国各地から5万人以上の熱心なモータースポーツファンが詰めかけました。

新城ラリー2014

そして毎年、会場を大いに盛り上げているのがデモンストレーションラン。田口勝彦選手のデモラン、モリゾウこと豊田章男トヨタ自動車社長のデモランに続いて、モンスター田嶋がスーパースイフトで登場! 大迫力のデモランで会場を大いに盛り上げました。

スーパースイフトは、「クルマの楽しさ・走る喜びを多くの人達に知って欲しい」というモンスター田嶋の想いを伝えるためにモンスタースポーツが製作したスーパーマシンです。今年のモデルは昨年からさらに空力特性を向上させるべく、新たなバンパーを纏っています。スイフトスポーツのM16Aエンジンをベースに1.9Lまで排気量を拡大しターボチャージャーを装着、400ps以上 の出力を発揮します。もちろん、そのパワーを受け止めるパワートレインもスーパーな内容。6速シーケンシャルミッション、4輪駆動により、わずか1080kgの車体を自由自在に扱えます。

モンスタースポーツのブースでは商品の販売はもちろん、コンプリートカーの展示があり多くのお客様が訪れました。デモランの後にはモンスター田嶋が歴代のパイクスピーク優勝車を前に、進化の経緯を説明しました。

今回は特別に、輝かしい成績を収めた優勝車「ツインエンジン エスクード」と「SX4パイクスピークスぺシャル」のエンジンを始動。豪快なエンジン音に会場が湧きました。

ツインエンジン エスクードは1995年 パイクスピーク・ヒルクライムにて日本人ドライバーの操る日本車として初めて総合優勝を成し遂げたマシン。450psを発揮するエンジンを前後に1基づつ、計2基のエンジンを搭載し、900kgの車両重量に900psのパワーを持ちます。

SX4パイクスピークスぺシャルは2011年 パイクスピーク・ヒルクライムにて史上初の10分を切るタイムで優勝、モンスタースポーツ&モンスター田嶋の大会6連覇の原動力となった記念すべきマシン。自社開発された V6-3.1リッター・ツインターボのMonster Specialエンジンを搭載。910psのパワー、90.5kg-mのトルクによって、1100kgの車体を瞬時に200km/hオーバーまで加速します。


モンスタースポーツでは、「クルマ好き」を増やし、「走る楽しさ」を広く伝えるため、様々なイベントに出展していきます。ご期待ください。


■お問い合わせはこちらから

 

Loading

モンスターオンラインショップでオンライン通販

アイコンの説明
モンスターオンラインショップ:Monster-shop.jpで購入
楽天:タジマ楽天市場店で購入
yahooショッピング:タジマYahoo!店で購入
Amazon:Amazon.co.jpで購入

■新車・中古車販売
■コンプリートカー作製
■車検・法定点検
■点検・整備
■パーツ販売・取付
■チューンアップ
■モンスターオンライン
 ショップ購入商品の受取
Share (facebook)