車種別リスト

HOME > Product Information > Parts Index > Engine Parts> 機械加工ハイフローヘッド第一弾 RB26 受注開始!

機械加工ハイフローヘッド第一弾 RB26 受注開始!

エンジンチューナーの経験と機械加工職人の技、そして、最新の数値制御機械の精密加工技術のコラボレーションによって、最高峰の競技用エンジンのために開発された高度な加工技術をリーズナブルな価格で提供する「モンスター・機械加工ハイフローヘッド」を開発し、受注を開始しました。

日産スカイラインGT-R(R32/R33/R34)に搭載される名機RB26向けの受注開始を皮切りに、VQ35や、R35GTR-VR38 の開発も鋭意進行中です。

 

「モンスター・機械加工ハイフローヘッド」は、これまでは職人の勘と経験だけで語られてきたチューニングエンジンの世界に、一部のレーシングエンジンで実施されてきた、定量化・再現性と言った概念を導入します。その結果、ポート毎のバラつきが無くなり、6気筒エンジンでは吸気12ポート/排気12ポートのエアフローが高度にバランス。スキッシュエリアの加工とも併せて理想的な燃焼状態を生み出します。

 

■ハイフローヘッド加工サービス ワークフロー
1)世界選手権用エンジン開発を手掛けてきたエンジニアによるポートおよび燃焼室形状決定

2)幾多のレーシングエンジンを手掛けてきた職人によるポートおよびスキッシュエリアの研磨

3)フローベンチを用いて性能を確認

4)この形状をなぞり計測されたデータを、CAD-CAMを利用するための形状データに置き換え

5)高精度マシニングセンターによってシリンダーヘッドを加工


■加工内容

バルブシート径を拡大すると共に、ポートの形状変更および表面を滑らかに磨き上げます。これにより、多くの空気(混合気)がスムースに吸排気ポートを流れ、バルブリフト量ほぼ全域において空気流量をアップ。また、燃焼室形状を最適化することで燃焼効率を高めます。※燃焼室形状は、スキッシュエリアを両側に残し容積変化を抑えたフルスキッシュタイプを採用。

 

 

ポート 形状最適化、ポリッシング
バルブシート 径拡大
燃焼室 形状最適化、ポリッシング
ヘッド面 精密平面研磨

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

機械加工イメージ

 

品名
税抜価格
適合車種
モンスター・機械加工ハイフローヘッド
¥220,000

スカイラインGT-R

R32/R33/R34

RB26DETT

本サービスは、お客様よりシリンダーヘッドをお預かりして機械加工を行うサービスメニューです。加工済みシリンダーヘッドの販売ではありませんのでご注意ください。

シリンダーヘッドは、カムシャフト、バルブを取り外した状態でお持ち込みください。

バルブガイド等部品交換の場合は追加料金(部品代+交換工賃)が発生します。

シリンダーヘッドの状態によっては作業をお断りする場合があります。

 

 

Loading
Share (facebook)

モンスターオンラインショップでオンライン通販